mmyy-yokoのブログ

悲しみの淵から

一周忌を終えて

まだ一年、もう一年、

どうでも良い。

あの時から、

私の中の時計は止まっている。

時間だけは過ぎているみたいだけど。

あれからは抜け殻。

それで良い。

涙は尽きない。

抜け殻から、

どくどくと涙だけが溢れ出る。

何も、誰も、

空いた穴を塞ぐ事は出来ない。

何をしても喜びを感じられず、

ただただ時間だけが自分の周りを

サラサラ流れて行く。

何を食べても同じ味がして、

生きながら死んでいるような感覚。

時に、

生きる価値はと自身に問いかける。

答えの無い禅問答。

荷物は重く、それでも歩き続けるしかないという。

頂上の無い山を登り続けるように。